<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

7月のマンスリービスケット

早いものでもう6月も最後ですね。
来月のマンスリービスケットは甘酸っぱいアプリコットと癒される香りのローズマリーです。ローズマリーには全粒粉も混ざっているので歯ごたえバッチシ!是非お試しください!!

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)にキッチンドッグ!店舗はお休みを頂いているのですが、それを知らず遊びにきてくれるわんちゃんが結構いらっしゃいます。
????なぜ?解るのかと言うと窓の外側にお鼻のはんこを押していってくれるからです。
<え~!本当にお休みなの!!?でもなんかイイニオイがするわよ!ねぇ、お母さん、ちょっとこのドア開けてみてよ~。開けてくれないなら私が開けるわよ!エイエイ!お鼻で押してやるわlぁ!んん!中々開かない・・・>と言った具合にはんこを押してくれるのです。これもまたたまらない姿です♪
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-30 12:27 | Comments(0)

TV

こんにちわ。かおりんです。
天気がよいなぁ♪と思っているとジトジト雨。。。。まったく変な天候ですね。
先週の金曜日キッチンドッグ!の話がめざましテレビで放送されました。きっかけは新聞取材で<犬のメタボ対策>という取材を受けた事からでした。その記事がテレビで特集されキッチンドッグ!の話になったわけです。そして今度はそのテレビを見たTBSの方からキッチンドッグ!のケーキを番組内でしょうかいしたいと申し出がありました。㏠に2回も全国放送で放送されたわけです!!放送された翌日の土曜日、テレビを見た!と沢山のお客様がいらっしゃってくださいました♪ありがとうございます♪全国放送というのはすごいですね✩沢山の方々にキッチンドッグ!の存在を知っていただけました!
独学で手作りをされていてTVでこんなお店もあるんだぁ~と手作り食材を買いにきてくださるお客様や、たまたま土曜日が誕生日でお誕生日ケーキを買いにきてくださったりと様々な目的を持ったお客様がご来店してくださいました!きっとまたハッピーな気分になれたわんちゃんが増えた事と思います♪
f0142014_15425093.jpgそんなかわいいワガコたちのたまらない姿!皆さまのわんちゃんのたまらない姿、仕草はなんですか??キッチンドッグ!で働いていると沢山のわんちゃんの愛らしい姿が見れます!先日はお散歩の途中に匂いにつられてついついキッチンドッグ!の前へ。お店の前に坐りこみイッポも動かないからね!!とずーーとキチドク!を見つめています。ウフフ♪なんだかとっても嬉しくなります!!
キラキラおめめのアンさん看板犬ルースくん。おやつを欲しがっている姿です><たまらない笑顔です(^▽^)
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-29 15:44 | Comments(0)

gablin いちごいちえ。

f0142014_17211997.jpg


God bless you always....
今日は がぁちゃんの日

明日も君の、とびっきりの笑顔を祈ってます。
いろんなカタチで
いろんなイロで
いろんなキョリで
いろんなオンドで
たくさんの人たちから気にかけてもらってる

ホントに恵まれてるなって思った。
人に ── つまりは、出逢いに。

やっぱりそれって凄いよね??ね がぁちゃん♪


I thank God that I met YOU ALL.
今夜改めて、出逢ってくれた君に感謝です。


ニコニコいっぱいのお花ありがとうございます♪
....今、ちょっと泣きそうです。(泣いたかどうかは秘密です)
自分の周りに愛が溢れてるのは、シアワセなことだと本当に思います。
きっとガブリン、『シェ・ミカミ』。でのパーティーにカサブランカを耳につけて向かうはずです♪
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-20 17:55 | Comments(3)

ハーブの力!!

キッチンドッグ!ではちょっと前からハーブを扱うようになりました。ゆきさんのブログやスタッフブログでも紹介していますが、自然のハーブで体の調子の悪いとこを治したり予防をしていきます。
noraの金田先生は愛犬の病気をハーブで治したそうです!キッチンドッグ!のスタッフ達もハーブを愛犬の健康のためにあげています。
つい先日、私が飼っているチワワ達がケンカをはじめてしまいました;;;
一匹はとっても臆病で普段ケンカなんかしない子なのになぜだか??ケンカに巻き込まれてしまし・・・・結果どこも怪我をしていないのに常に《ぎゃいーーん!!!ぎゃいいイーーーーん!!》とまるで虐待でもされているみたいな声。。。、部屋の隅っこで常に震えていて名前を呼んでも目を見てくれません。病院にいってもレントゲンを撮って終わりだしなぁ・・・と考えていたらフっとハーブをあげてみよう!と思いました。
ハーブも用途用途に分かれていて今回の気持ちが不安定の場合には《バレリアンプラス》がお勧めです。バレリアンプラスはてんかんの子にもよいハーブです。
わんちゃんもそれぞれ個犬差はあると思いますが、びーーーっくりするほどの効能でした!!
バレリアンプラスをあげ始めて1日しかたっていないのに部屋の隅から出てきてソファーに座っているではありませんか!!?わたしはハーブをご飯に混ぜてあげているのですがご飯前はやはりちょっと不安定になりいまだに震えるときもあります。それでも日がたつに連れハーブの効能がどんどん現れ日に日に震えは少なくなり《ぎゃいーん》と鳴くこともなくなりました。
薬ではなく自然のハーブで症状が和らいでいく、とっても嬉しく、そして感謝し、感動し、涙が出てきてしまいました(><)皆様少しでも自分の愛犬に気になることがありましたら是非お試しください!!白内障に肝機能に尿路結石にと色々な効能を示してくれるハーブがございます。以前もホームページに掲載しましたがハーブをあげる第一条件はご飯が手作り食とのことです。
わんちゃんによって効能が現れる期間は違いますが美味しいご飯と自然の力で世界中のわんちゃんが健康になりますように☆
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-19 18:38 | Comments(1)

手作り食へのきっかけ

先日シュナウザーを飼われていると言うお客様がいらっしゃいました。
そのお客様はスミさんの手作り石鹸をお友達に紹介されキッチンドッグ!に遊びにきてくださいました!なんでもわんちゃんがどんなシャンプーを使っても乾燥してしまい、いつも痒がっている、病院に行っても新しいシャンプーを出されるだけで一向によくならない。とのことでした。。。。そんな時、スミさんのオリーブ石鹸を使用したらミルミル痒くなくなり保湿効果が出できたそうです♪こうゆうお声を聞くとっても嬉しくなります♪そのシュナウザーちゃんは白いわんちゃんだったのですがお口の周りがちょっと茶色くなっていました。飼い主さんが《今はドライあげてるだけどやっぱ手作りがいいわよねぇ、このお口の周りも直るかしら??》とおっしゃっていました。人間も犬もそれぞれ個人差はありますが涙やけなどは《手作り食にしてからなくなった》というお声を沢山いただいております。実際わたしが飼っているチワワも手作り食にしてから3ヶ月ぐらいで涙やけがなくなりました!!美味しいご飯を食べて健康になる!!とってもhappyですね♪♪シュナウザーちゃんの飼い主さんもこれを気に少しづつ手作りを始めよう!とパーフェクトレシピブックを購入してくださいました。キッチンドッグ!があってそれをきっかけに飼い主さんが手作りを始めワンちゃん達が健康になっていく、わたしがキッチンドッグ!で働いていて一番嬉しい瞬間です☆

f0142014_1240182.jpgそんなワンちゃん達が健康を維持するためには季節に合わせたメニューをあげるのが大切です。わたし達も今日は暑いから冷ソーメンとか、体を涼しくしよう!と考えますよね☆
今月のレトリバーにはゆきさんの夏ばて予防の3STEPレト夏スープレシピが掲載されています。是非ご覧ください!!店頭でも販売しています☆
美味しいご飯でジトジト梅雨もあつ~い夏も吹き飛ばすゾォーーー!!
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-17 12:41 | Comments(2)

▼´ゝω・)ノ☆Wёιсοмё★ヽ(・∀・`▽

f0142014_17465537.jpg

僕の名前はぎんじろう!中々渋くてかっこいいでしょ♪
いつもキチドク!にはオネエちゃんとご飯を買いに行くんだ!キチドク!に行くと嬉しくてうれしくて走らずにはいらんないよ!
これからの暑い季節はキッチンドッグ!のデリをたくさん食べて元気に乗り過ごさなきゃね☆
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-11 17:50 | welcome!! | Comments(0)

機会

こんにちは やこデス
ちょっときっかけがあって犬の輸血について色々と考える機会がありました。
みなさんは「供血」ってご存知でしょうか?

もしかしたら「供血」ということを知らない方も多いかと思います。
供血とは、犬の手術等に際し(愛犬の)血液を提供することです。


ある日たいせつな家族が貧血を起こす疾病になったら・・・

ある日たいせつな家族が交通事故に遭ってしまい
「血が足りません!1歳~8歳以下で、体重が20㎏以上ある、健康なワンちゃんを何頭か当たってください」と、病院で言われたら・・・・・・

献血に協力してくれそうなワンちゃんなんて1頭もひらめかないまま
頭の中は真っ白になってしまうでしょう。

人間には日本赤十字の血液センターがありますが、
獣医療の世界では、動物の血液を供給するシステムがない
血液バンクがない現状なのです。
いきなり供血が必要だから協力者を自分で募るようにと
獣医師から指示を受ける事もあるそうです。


飼い主のみなさんも、ワンちゃん、ネコちゃんの血液型を健康なときに測っておいてはいかがでしょうか。
そして「供血」という言葉を記憶していただければと思います。
[PR]
by kitchendogstuff | 2008-06-08 00:16 | Comments(0)